用語検索マンボウ

続き下がり

言語一般<日本語の構造>

続き上がりとは、二語以上が連続して発話されるときに、前部の語のアクセントが平板式のとき、後部の語のアクセントが高いままで発話されること。                           例)タナカ(LHH)/イチロー(LHHH)→タナカイチロー(LHHHHHH)
*L(低)H(高)を表す。
これと逆なのが続き下がりで、前部の語のアクセントが起伏式のとき、後部の語のアクセントが低いままで発話される。
例)ヤマシタ(LHLL)/カズオ(LHH)→ヤマシタカズオ(LHLLLLL)